介護の便利情報

「介護の便利情報」トップページへ

車いすの選び方

(株)松永製作所製「スチール製車いす」

車いすは大まかに「自操型(自走型)」・「介助型」・「電動車いす」に分けられます。
「自操型」は文字通り自分の力で車輪を回して動かすことが出来る車いすです。 自分で操作することを前提にしていますので、車輪も大きく、車輪の外側にあるハンドルリムも、手に力が入りやすいように凹凸が付いているものが多いようです。 この形の車いすは、ある程度体力があり、行動範囲が広い方が利用されるケースが多く、最近ではスポーティーなデザインのものやファッショナブルなものも増えてきました。
「介助型」は「自操型」とは異なり介助を担当する方がハンドルを握り、操作することを前提に設計されているものです。 そのため、ハンドル部分に自転車のブレーキと同じものが付いており、そのブレーキで車いすを停止させることが出来ます。 この形の車いすを利用される方は、体力的に「自操型」の車いすの利用が困難で、日常的な活動範囲がそれほど広くない方が多く、 車いすから介護用リフトや特殊寝台(介護用ベッド)などへの移乗がしやすいような工夫が多く見られます。
「電動車いす」は、電気の力で車輪を動かす車いすで、他の二つに比べると大変高価な車いすですが、介護保険を利用すれば、かなりリーズナブルに利用することが出来ます。 操作は主に手元のジョイスティックで行いますので、体力的な問題が深刻であったり、重度の障害をお持ちの方でも、自由に操作することが出来ます。 最近では、ご高齢の方が利用される「電動カート」と呼ばれるものもあり、こちらはスクーターなどと同じような仕組みをしていますが、歩くスピードよりも早く動くことはありません。
どの車いすをレンタルする場合でも、大切なのは「使い勝手」です。すわり心地や操作感覚、移乗の際の不具合など、使い始めてみると不満なポイントが必ず出てくるはずです。 末永く利用するためには、より利用者に会った車いすを、利用者が選んでいく必要があります。レンタルの場合、より利用者にあった車いすさがしてをレンタルしなおすこともできます。
ご購入をお考えの方も、まずその商品をレンタルしてみて、実際にしばらく使ってみるといいでしょう。
車いすをレンタルされる場合は、介護保険をご利用になると、レンタル料金が1/10になり経済的な負担が著しく軽減されます。
介護保険を利用する場合、ケアマネージャーによるケアプランの作成が必須となりますので、まずはご担当のケアマネージャーにご相談ください。
車いすは、生活環境や生活習慣によって、さまざまな選択肢があります。まず、実際に利用される方が、どんなことを望んでいるかを知った上で、車いすを選びましょう。
写真は(株)松永製作所製「スチール製車いす」です。スタンダードな形の車いすですが、とても使いやすい車いすです。


このページの先頭へ