介護の便利情報

「介護の便利情報」トップページへ

介護用歩行器の選び方

(株)松永製作所製の「らくらくウォーカー ホップステップ」

介護用歩行器は歩行訓練などリハビリで利用する器具です。他にも、シルバーカーと呼ばれるものも、歩行器に分類されますが、こちらは高齢者が歩くことを補助するための器具といってもいいでしょう。
リハビリを安全に行うためには必要なものですが、歩行器をいったんつけてしまうと、着脱が難しいためトイレに行ったりしにくくなります。 また、着脱が難しいため、なかなか休憩がとりにくいので、ご高齢の方は疲れてしまうかもしれません。
歩行器を選ばれる際は、ちょっとした休憩をとりやすい工夫がされているものをお探しください。
タイヤが多いものの方が安定感があり、小回りが利きます。四輪のものよりも六輪のものをお使いになるとよいでしょう。
また、ご購入をされる前に、一度レンタルしてみて実際にお使いになられたほうが、気づくことが多いかもしれません。 一度お手元に届いたものを使ってみて、ケアマネージャーと相談してみて、ピッタリ来るものを探してみてください。
写真は(株)松永製作所製の「らくらくウォーカー ホップステップ」です。シンプルな操作で安定した走行ができます。


このページの先頭へ