介護の便利情報

「介護の便利情報」トップページへ

介護用杖の選び方

イーストアイ製の「四点ステッキ」

介護用杖とは、歩行がかろうじて出来るものの、支えがないと安定しないような高齢者の方が利用する歩行補助器具です。
介護用杖もさまざまですが、ご高齢の方がお使いになる場合、体重を杖にあずけて歩かれることが多いです。ですから、より丈夫なもの。そして、軽いものをお選びください。
なお、より安定度の高い多点式の杖もございますので、通常の杖では不安の方は、そちらをお選びください。
たとえ杖のようなちょっとしたものでも、利用者にあっているかいないかでは、活動するための効率が変わってきます。利用者の要望にあった杖をお選びいただいて、活動的な生活をお送りいただきたいものです。
写真はイーストアイ製の「四点ステッキ」です。多点式の安定性の高さが、安心感につながります。


介護用杖の種類

  • 「ステッキ」(一本杖)
  • 最もオーソドックスな杖。伸縮タイプや折りたたみタイプなど、さまざまな種類があります。

  • 「四点杖」(多点杖)
  • ステッキと比べ着地面積が広く安定性に優れています。凹凸のあるところではかえって不安定になるため、屋内での使用に向いています。

  • 「ロフストランドクラッチ」
  • 腕輪に腕を通して固定し、他の杖と同様の握りに加え、腕輪でも体重を支えるタイプです。握力が弱い方や手首に力が入りにくい方に向いています。

  • 「松葉杖」
  • 片足に体重がかけられない方などに向いています。歩くときは腕の力が必要です。

このページの先頭へ