介護の便利情報

「介護の便利情報」トップページへ

ベッドサイドテーブルの選び方

パラマウントベッドの「リハビリテーブル」

ご高齢の方は、座卓を好まれる傾向があります。しかし、いざ座らせるとなると、とても大変です。
そこで、ベッドサイドテーブルを利用してみてはいかがでしょうか?
1日の大半をベッド過ごす方にとっては、テーブルがあると食事や薬の服用などのときなどに便利です。
ベッドサイドテーブルはベッドに腰掛けて使うことができますので、無理な移動をさせなくてすみます。使わないときはベッドの下側にでも引いておけば、邪魔になりませんので、ぜひお使いください。
写真は(株)パラマウントベッドの「リハビリテーブル」です。身体にフィットしそうな形状がうれしい製品です。


テーブルの種類

テーブルには3種類あります。
ひとつめは「オーバー」で、これはサイドレールに乗せるタイプです。
ふたつめは「ベッドサイド」で、ベッドの上または横で使うタイプです。
最後に「オーバーヘッド」。 ベッドをまたいで設置するもので、いちばんの安定感があります。
介護状況やスペースに合わせて適切なテーブルをお選び下さい。

このページの先頭へ