介護の便利情報

「介護の便利情報」トップページへ

販売のみに該当する介護用品とは?

介護用品で、介護保険の適用が販売のみに限られるものは、以下のものがあります。

  • 腰掛便座
    • 和式便器を上に置いて、腰掛式に変換するもの
    • 洋式便器を上に置いて、高さを補うもの
    • スプリング式や電気式の立ち上がりの補助を行うもの
    • 便座やバケツからなり、移動させられるもの
  • 特殊尿器
    • 尿が自動的に吸引されて、利用者本人や介護を行う人が用意に使用できるもの
  • 入浴補助用具
    • 入浴用いす
    • 浴槽用手すり
    • 浴槽内いす
    • 入浴台
    • 浴室内すのこ
    • 浴槽内すのこ
  • 移動用リフトのつり具の部分

なぜレンタルではなく販売なのか?

介護用品と呼ばれるものの中には、排泄に関するものや、入浴などで直接肌に触れるものもあり、そういった一部の介護用品は汚れや使用感が著しいために、レンタルに適していないと判断されます。
そのため、介護保険の適用も、賃貸ではなく販売されるものとして考えられています。

このページの先頭へ